大分市防災情報で提供する
情報について

大分市防災情報では、以下の情報を提供しています。情報の詳細については各情報のリンクをご覧ください。
なお気象情報(A〜I)については、大分市の属する地域の情報を提供します。

@災害時緊急情報
A注意報・警報・特別警報
B地震情報
C津波情報
D土砂災害警戒情報
E洪水予報
F竜巻注意情報
G台風情報
H気象レーダー
I降水短時間予測
J天気予報
K光化学スモッグ情報
LPM2.5情報
M食中毒注意報

戻る

@災害時緊急情報
大分市が発表する、避難情報、避難所開設情報です。
避難情報には、「避難準備情報」、「避難勧告」、「避難指示」があります。
「避難勧告」とは、台風の接近や集中豪雨などにより洪水や土砂災害などが発生するおそれがある場合に発表する情報で、市民に避難所などへの避難を促すものです。火の始末、戸締まりを完全にして、非常持出品を持参し、すみやかに避難所へ避難しましょう。
また、避難勧告より強く、災害発生の危険性が非常に高い場合に発表される情報として「避難指示」があります。このときは避難行動中の方はすぐに避難を完了させ、まだ避難してない方は直ちに避難してください。
「避難準備情報」(災害時要援護者避難情報)は、特に避難行動に時間を要する市民に早めの避難行動を促す情報です。
なお、これらの情報は、市・消防局・消防団等の広報車、インターネットなどをつうじてお知らせします。
ページのトップへ

A注意報・警報・特別警報
あらかじめ設定した区域に対して、気象現象によって災害が起こるおそれがあるときに「注意報」、重大な災害の発生するおそれがあるときに「警報」、重大な災害の発生するおそれが著しく大きいときに「特別警報」が発表されます。
大分市は「大分県中部」に属します。
ページのトップへ

B地震情報
地震が発生した場合に発表されます。
地震情報の流れは以下の通りです。
 地震発生
  ↓ (約2分後)
 震度速報
 (震度3以上の地域)
  ↓
 震源に関する情報
(震源や地震の規模)
  ↓
 震源・震度に関する情報
 (震度3以上の地域と市町村)
  ↓
 各地の震度に関する情報
 (震度1以上の地点)
なお大分市内の震度観測点は、
 大分市長浜
 大分市舞鶴町
 大分市碩田町
 大分市野津原
 大分市佐賀関
の5地点です。
ページのトップへ

C津波情報
津波の発生の恐れがある場合に、予想される津波の高さに応じて
 大津波警報 = 3m〜
 津波警報 = 1m〜3m以下
 津波注意報 = 0.2m以上〜1m以下
が発表されます。
大分市の海岸線は、佐賀関関崎以北は「大分県瀬戸内海沿岸」に、佐賀関関崎以南は「豊後水道沿岸」に属します。
なお海岸で強い揺れを感じたら、情報を待たずにすぐに高いところへ避難してください。
ページのトップへ

D土砂災害警戒情報
大雨警報が発表されているような状況においてさらに土砂災害の危険度が高まったときに、市町村単位で発表されます。
この情報が発表されているときは土砂災害の恐れが高くなっているときなので、厳重な警戒が必要です。
ただ土砂災害の発生はそれぞれの斜面の状況等に大きく影響されるため、土砂災害警戒情報等が発表されていなくても、普段とは異なる状況に気がついた場合には、直ちに周りの人と安全な場所に避難することが必要です。
ページのトップへ

E洪水予報
洪水予報はあらかじめ指定された河川に対して、洪水の恐れがあるときに発表されます。大分市内を流れる河川では、大分川水系(大分川・七瀬川)及び大野川水系(大野川・乙津川)が対象です。また基準になる水位観測値点は、
 大分川 = 府内大橋、同尻
 七瀬川 = 胡麻鶴
 大野川・乙津川・判田川・立小野川 = 白滝橋
となっています。
洪水の危険レベルと発表される情報は以下のようになっています。
■レベル1 = 洪水予報の発表なし
(水位)水防団待機水位超過
水防団が水防活動を行なうために待機する水位です
■レベル2 = はん濫注意情報(洪水注意報)
(水位)はん濫注意水位超過
避難行動の準備を行なう目安になる水位です。
■レベル3 = はん濫警戒情報(洪水警報)
(水位)避難判断水位超過
避難行動を行なう目安になる水位です。
■レベル4 = はん濫危険情報(洪水警報)
(水位)はん濫危険水位超過
堤防の決壊など重大な災害発生のおそれがある水位です
■レベル5 = はん濫発生情報(洪水警報)
河川のはん濫が発生した場合に発表されます
ページのトップへ

次のページへ
戻る